MOTO-R

国産時計メーカー「KENTEX」の挑戦

時計には、その道のプロフェッショナル達が愛用する特殊仕様のものがあります。プロダイバーが水中で使用する高圧防水性能のダイバーウオッチ、コックピット内の強い磁気にも耐えられるパイロットウオッチ… 様々な活動シーンの中で携帯電話やスマートフォンに頼れない環境があるからこそ、プロフェッショナル達には確かな実用性のアナログ時計が必要なのです。 MOTO-Rは、徹底的なライダー目線からこれまでの腕時計の設計常識を見直し、二輪ライダーにとって理想的な実用性と、バイクライフにマッチするスポーティーな格好良さを両立した、“ライダーウォッチ”という新しいバイクギアをご提案します。

バイクライダーのために設計・開発されたスポーツウォッチ。

二輪ライダーが腕時計を着ける際に、最も重要なことは腕元の装用性です。一般的な腕時計は、リューズやボタンが3時位置に付いているため、バイクのハンドル操作時にボタン類が手首にあたり、腕の稼動を妨げることがありました。 MOTO-Rの開発では、腕時計のパーツレイアウトをゼロから見直し、通常とは逆側の9時位置にボタン類を配置することで、手首のハンドル操作を妨げないストレスフリーな外装コンセプトが誕生しました。

タフな使用にも耐える、選び抜かれた外装素材

ケースボディは、汗や酸に強い、医療グレードの高耐蝕ステンレスSUS316L材をベースに、軽量化のための強化ラバーと、12角形のメタルベゼルによる3層サンドイッチ構造で、異素材が融合した機能的で躍動感溢れるハイブリッドデザインとなっています。
トップガラスは、ダイヤモンドに次ぐ硬さのサファイヤガラスに無反射コーティングを施す本格仕様で、傷つかず、反射を抑えることで、常にクリアな視認性を確保します。
さらに防水性は10気圧防水仕様で、走行中の突然の雨でも安心の防水設計となっています。

機能的で素材感あふれるフェイスデザイン

見やすさを追求したインデックスは、大きなアラビア書体を採用。針は先端に向けてテーパー形状を施し、瞬時の判読性が向上するよう全面に目立つカラーリングが施されています。
インデックスと針には強蓄光が塗布され、トンネルや夜間走行時の視認性も強力にサポートします。
赤と黄色のラインが入ったクロノグラフのインダイヤルは、タコメーターをモチーフにデザインされ、随所にまでバイクの世界観溢れるこだわりのディテールデザインとなっています。

汗や酸に強い素材や、振動・衝撃を感知して補正する新設計のムーブメント搭載。

MOTO-Rの開発の重要ポイントは、振動・衝撃を感知して補正する“ショックディテクションIC”を搭載した、新設計のムーブメントです。
振動・衝撃を感知して電流量を調整するICセンサーが、振動・衝撃発生時に、歯車の動力源となるステップモーターの動きを制御することで、歯車の動きが調整され、強い衝撃でも針飛びが抑制されます。これにより、時計内部から耐振性・耐衝撃性能が格段にアップしました。